妊娠したい人向けのお茶とは

結婚を控え、そろそろ赤ちゃんを産むために食生活を見直さなきゃいけないなと考えておられる方は多いことでしょう。 脂肪分や食品添加物の多い食事がよくないことはすぐにピンとくるかもしれませんが、もう一つ、お茶についても注意が必要です。 緑茶や紅茶、コーヒーに含まれるカフェインは利尿作用があり、妊婦さんにとっても大切なカルシウムを外へ排出してしまうのです。そのほかにも、カフェインは赤ちゃんの未熟な肝臓に悪影響を与えるので、妊娠を考えておられるのなら、習慣性のあるカフェインを含んだ飲み物は控えておかれるのがよいでしょう。 そこで、ではどんなお茶なら体によいのか。有名なのはタンポポ茶です。もちろんノンカフェインで、体内の女性ホルモンの増加に役立つ成分が含まれると言われており、それが妊娠率のアップにつながるのだそうです。 また、ノンカフェインという点では、ショウガや柚子など体を温める素材を使ったお茶なども楽しめます。 妊娠したいという気持ちをお持ちならば、こういったお茶を飲むことで体調を整えておくのも大事なことかもしれません。